【新刊出版】 細胞は外部環境の経時的変化に応じて自律的に情報処理(演算)を行い、適切に応答することにより生命活動を維持している。私たちの研究室ではGorecky博士(Poland),鶴山教授(京大医)などと共同で、酵素反応が自律的な演算を行うことが可能であることを、新しい理論的なモデルのなかで示してきている。今回の出版は、上野君(MC1)などが、「細胞の自律演算モデル」を単行本の中の分担執筆として一章をまとめたもの。

[更新日] 2016.08.30 [カテゴリー] 最新情報

ニューヨーク市立大学のChwen-Yang Shew教授が、客員教授として、当研究室に6月23日-7月24日の間、滞在されます。

[更新日] 2016.06.04 [カテゴリー] 最新情報