複数の種類の高分子の混雑する溶液で、高分子が各相に分かれミクロ相分離を起こす条件下、アクチンやDNAなどの生体高分子が、特異的に液滴の内部に自発的に局在化し、細胞内の構造に似た形態が生じることを明らかにした。国際誌ChemBioChemに採択。Very Important Paper(VIP)に選出。中谷君(2017年MC修了)、作田君(D2)が第一、第二著者。瀧口博士(名古屋大)、湊元博士(三重大)らとの共同研究。

“Specific Spatial Localization of Actin and DNA in a Water/Water Microdroplet: Self-
Emergence of a Cell-Like Structure”, Naoki Nakatani, Hiroki Sakuta, Masahito Hayashi, Shunsuke Tanaka, Kingo Takiguchi, Kanta Tsumoto and Kenichi Yoshikawa, ChemBioChem, in press.