[最新情報] [論文] [外部向け情報] [内部向け情報]

現在、がんの化学療法で最も良く用いられている薬物の一つのCisplatinに代わり、より治療効果が高くなると期待されている白金複核錯体について、それがDNAの高次構造を緩く凝縮させる効果があることを解明した論文が、国際誌Chem.Phys.Lett.にアクセプトされました。論文では、この高次構造転移が、薬物がある閾値濃度以上で活性が高くなる効果、すなわち、協同効果を引き起こしていることを明らかにしています。清水君(2016年度3月修士修了)が筆頭著者、米田博士(鈴鹿医療大)との共同研究。

2017.04.12

最新情報

細胞にとって最も重篤な作用を及ぼすDNA二本鎖切断が超音波(30 kHz)でどのように引き起こされるのかを,パルス波の超音波照射条件下で定量的に計測した論文が,国際誌ChemPhysChemにアクセプトされました.パルスの幅と間隔を適切にとると,DNA二本鎖損傷を最小化することが可能であることを明らかにしました.窪田さん(昨年度修士修了)が筆頭著者,山下君,渡辺教授(同志社大・超音波研),吉田博士(千葉大),今中教授(立命館大)との共同研究.超音波の医療応用に関しての安全性を確立する上で,有用な研究と考えられる.

2017.02.21

最新情報

次世代の抗がん剤の開発に向けて、その有力な候補として挙げられている物質群の白金複核錯体について、薬物のDNAの高次構造変化に対する作用が、高い抗がん活性の元となっていることを示した研究論文が、国際誌Inorg.Chem.にアクセプトされました。村松君(昨年度修士修了)の行ったDNA一分子計測が論文の柱となっています。米田博士(鈴鹿医療大)、今中教授(立命館大生命)、神戸博士(名古屋大医)らとの共同研究。

2016.12.15

最新情報

100℃近い熱水環境下で生育する好熱菌の体内で産生されている分岐型ポリアミンが、DNAの高次構造に特異的な変化を引き起こすといった新しい知見に関する論文が国際誌J.Chem.Phys.にアクセプトされました:村松君(昨年度修士修了)、清水君(M2)が第1、第2著者。今中教授(立命館)、梅澤博士(名古屋市大)、藤原教授(関西学院)などとの共同研究。

2016.12.08

最新情報

Specific Conformational Change in Giant DNA Caused by Anticancer Tetrazolato-bridged Dinuclear Pt(II) Complexes: Middle-Length Alkyl Substituents Exhibit Minimum Effect

Seiji Komeda, Hiroki Yoneyama, Masako Uemura, Akira Muramatsu, Naoto Okamoto, Hiroaki Konishi, Hiroyuki Takahashi, Akimitsu Takagi, Wakao Fukuda, Tadayuki Imanaka, Toshio Kanbe, Shinya Harusawa, Yuko Yoshikawa, Kenichi Yoshikawa, Inorganic Chemistry, 56(2), 802–811 (2017).

Specific Conformational Change in Giant DNA Caused by Anticancer Tetrazolato-bridged Dinuclear Pt(II) Complexes: Middle-Length Alkyl Substituents Exhibit Minimum Effect

Seiji Komeda, Hiroki Yoneyama, Masako Uemura, Akira Muramatsu, Naoto Okamoto, Hiroaki Konishi, Hiroyuki Takahashi, Akimitsu Takagi, Wakao Fukuda, Tadayuki Imanaka, Toshio Kanbe, Shinya Harusawa, Yuko Yoshikawa, Kenichi Yoshikawa, Inorganic Chemistry, 56(2), 802–811 (2017).