[最新情報] [論文] [外部向け情報] [内部向け情報]

超音波は画像診断に活用されるとともに、高出力の条件下では癌細胞に障害を与えることにより治療手段としても用いられてきている。超音波が、生体に対してどのような条件では安全であり、どのような条件では癌の治療に有効であるのかを明らかにすることは喫緊の重要な課題となっている。本研究では、溶液中でのDNA一分子観察の実験手法を用いることにより、中心周波数1 MHzの超音波パルスを照射した際のDNA二重鎖切断の発生頻度の定量的な評価を行なった。DNA二重鎖切断を引き起こす音圧には、閾値が存在し、閾値以下の音圧では損傷を引き起こさないことを明らかにした。また,マイクロバブル存在下でのDNA二重鎖切断についても実験を行い,DNA切断を引き起こす音圧の閾値が低下することを確認した。これらの研究結果をまとめた論文が、国際誌The Journal of the Acoustical Society of Americaに出版された。馬博士(本研究室で大学院(修士・博士)を修了し、昨年9月まで博士研究員、現在は京大高等研究院研究員)が第一著者、同志社大生命医科学部の秋山教授、千葉大の吉田准教授との共同研究。

2021.06.21

最新情報

生体内のゲノムDNAは、ノンコーディング領域を含め、その長さが数十µmから数cmに及ぶ巨大分子であり、短鎖DNAとは物理化学的な性質が大きく異なる。本研究では、無細胞系遺伝子発現実験によって、鋳型となるDNAの鎖長が1.7 kbpから25.7kbpになると、遺伝子発現の活性が1000倍増大することを見出した。また、これは、鎖長の長いDNAがそのコンフォメーションを変化させることで、転写部位でのRNAポリメラーゼ濃度を局所的に高めるためであると考えられる。原子間力顕微鏡による発現溶液中のDNA一分子鎖観察を行うことにより、このようなメカニズムの妥当性が裏うちされた。これらをまとめた論文が国際誌Scientific Reportsより出版された。西尾君(D3)が第一著者。京都大学の佐藤慎一准教授との共同研究。

2021.05.24

最新情報

コーヒー粉末を含んだ懸濁液を乾燥させると、液滴の外周に粉末が円形に集合することはよく知られており、コーヒーリング効果と呼ばれている。それに対して、懸濁液を回転盤上で乾燥させると、乾燥初期にはうねうねしたパターンが現れ、後期にはサイズがほぼ揃ったmmスケールの円形パターンが多数出現することを見出した。この円形パターンの内部はwater-richの領域となっている。回転盤上で懸濁液は周期的な加速度を印加されており、これがmmスケールで、粉末をミクロ相分離させているとして理論的な解析も行った。原理的には、コーヒー粉末に限ることなく、粉末を含有する懸濁液で一般的に生じる現象であると考えられ、今後様々な粉体を含む溶液から自己組織化パターンを形成される新たな実験手法として研究が発展することが期待される。これらをまとめた論文が国際誌Physicsに出版され、highlight論文にも選出されました。上野さん(DC)、庄野さん(M2)、小川さん(M1)が第一、第二、第三著者。

2021.03.02

最新情報

Double-Strand Breaks in Genome-sized DNA Caused by Megahertz Ultrasound

Yue Ma, Kazuya Ishihara, Kenji Yoshida, Iwaki Akiyama and Kenichi Yoshikwa, The Journal of the Acoustical Society of America, 150, 241-247 (2021).

Longer DNA exhibits greater potential for cell-free gene expression

Takashi Nishio, Yuko Yoshikawa, Kenichi Yoshikawa, Shinichi Sato, Scientific Reports, 11, 11739 (2021).

Transitions among cracking, peeling and homogenization on drying of an aqueous solution containing glucose and starch

Hikari Baba, Risa Yoshioka, Satoshi Takatori, Yohei Oe, Kenichi Yoshikawa, Chem.Lett., 50, 1011-1014 (2021).

Emergence of Many Mini-Circles from a Coffee Suspension with Mechanical Rotation

Hiroshi Ueno, Mayu Shono, Momoko Ogawa, Koichiro Sadakane, Kenichi Yoshikawa, Physics, 3, 8-16 (2021).

Switching between positive and negative movement near an air/waterinterface through lateral laser illumination

Mayu Shono, Satoshi Takatori, Jose M. Carnerero, Kenichi Yoshikawa, Appl. Phys. Lett., 117, 73701-73707 (2020).

Marked Difference in the Conformational Transition of DNA Caused by Propanol Isomer

Yue Ma, Yuko Yoshikawa, Hidehiro Oana and Kenichi Yoshikawa, Polymers, 12, 1607 (2020).

Double-Strand Breaks in Genome-sized DNA Caused by Megahertz Ultrasound

Yue Ma, Kazuya Ishihara, Kenji Yoshida, Iwaki Akiyama and Kenichi Yoshikwa, The Journal of the Acoustical Society of America, 150, 241-247 (2021).

Longer DNA exhibits greater potential for cell-free gene expression

Takashi Nishio, Yuko Yoshikawa, Kenichi Yoshikawa, Shinichi Sato, Scientific Reports, 11, 11739 (2021).

Transitions among cracking, peeling and homogenization on drying of an aqueous solution containing glucose and starch

Hikari Baba, Risa Yoshioka, Satoshi Takatori, Yohei Oe, Kenichi Yoshikawa, Chem.Lett., 50, 1011-1014 (2021).

Emergence of Many Mini-Circles from a Coffee Suspension with Mechanical Rotation

Hiroshi Ueno, Mayu Shono, Momoko Ogawa, Koichiro Sadakane, Kenichi Yoshikawa, Physics, 3, 8-16 (2021).

Switching between positive and negative movement near an air/waterinterface through lateral laser illumination

Mayu Shono, Satoshi Takatori, Jose M. Carnerero, Kenichi Yoshikawa, Appl. Phys. Lett., 117, 73701-73707 (2020).

Marked Difference in the Conformational Transition of DNA Caused by Propanol Isomer

Yue Ma, Yuko Yoshikawa, Hidehiro Oana and Kenichi Yoshikawa, Polymers, 12, 1607 (2020).